商品先物と外国為替証拠金取引で、副収入を稼ぎたい!

賢く投資♪ 商品先物取引とFXの情報サイト
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
---------------------------------------
            円/ドル    ドル/ユーロ 
  レンジ        レンジ
N Y (前日終値) 115.76/81 115.49-16.00 1.2826/30 1.2779-2844
東京  (15時) 115.62/66 115.30-15.82 1.2871/74 1.2827-2904
ロンドン(GMT8時) 115.60/66 115.30-15.96 1.2884/89 1.2878-2940
N Y (本日始値)  115.69/72 1.2910/15
N Y (本日終値) 115.88/92 115.58-15.97 1.2891/94 1.2887-2940
=======================================
<21日の材料>
    
=======================================
<22日の材料> 
---------------------------------------
 ドル・円は小反発。相場を積極的に動かすような目新しい材料などは見当たらなかっ
たが、金利差を背景にした円の弱さが目立つ格好となり、ドルは1ドル=115円台後
半でしっかりと推移した。
   
 ダウ工業株30種平均の終値は前営業日比36.42ドル安の1万1345.05ド
ルと反落。10年物米国債の利回りは前営業日比0.02%低下の4.82%(米東部
夏時間午後4時30分現在)。
                   
 東京市場でのドル・円は、115円台半ばを中心に上値の重い展開となるなか、終盤
には115.30円まで軟化。先週発表された一連の米経済指標を受け、9月の米連邦
公開市場委員会(FOMC)での利上げ見送りムードが広がったことがドルを圧迫した
が、積極的に円を買い進めていくような動きが強まるまでには至らず、先行きの金利差
拡大見通しから対ユーロでの円下落の流れが一段と進んだこともあり、ドルの下げ幅は
限られた。
                                     
 欧州市場でのドル・円は、115円台半ばへと値を回復。
        
 ニューヨーク市場でのドル・円は、115円台後半中心に堅調な動きとなった。主要
な米経済指標の発表を欠き、序盤は見送りムードが広がったものの、対ユーロでドルが
買い戻される一方で、円は過去最安値圏で推移したことから、ドルは一時、116円近
辺まで強含んだ。
    
 あるディーラーは、「ドル・円相場を動かすような材料が見当たらないなか、ユーロ
の動きが目立った。米利上げの打ち止めの思惑や日銀による年内の追加利上げ見送りム
ードが広がっている一方で、ユーロ圏は年内いっぱい利上げが続く見通しで、金利差を
背景にユーロ買いの動きが続いている。円キャリートレードの動きも強まっていること
から、ドルが下がりにくくなっている」と述べた。
                      (OVN ニューヨーク/三井重憲)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skywalker74.blog58.fc2.com/tb.php/136-dd2b4f2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。