商品先物と外国為替証拠金取引で、副収入を稼ぎたい!

賢く投資♪ 商品先物取引とFXの情報サイト
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
---------------------------------------
            始 値   高 値   安 値   帳入値   前日比
金    (06/10) 615.6 630.0 615.6 629.2 + 13.4
     (06/12) 621.8 636.5 621.6 635.2 + 13.5
銀    (06/ 9) 1203.0 1245.0 1203.0 1234.5 + 31.5
     (06/12) 1221.0 1263.0 1220.5 1252.0 + 32.1
                            
           推定出来高  前日出来高  前日取組高   (前々日比)
  金        25,000 40,312 307,299 (- 766)
  銀        13,000 12,856 113,382 (- 193)
=======================================
・NY為替   円    ユーロ  ・NYダウ      11,345.05 - 36.42
18日 115.76/81 1.2826/30 ・ナスダック 2,147.75 - 16.20
21日 115.90/93 1.2889/95 ・10年米国債利回り 4.82 - 0.02
・NY原油 (06/ 9) 72.45 + 1.31 ・CRB指数  385.70 + 4.18
      (06/10) 73.30 + 1.20 ・RJ・CRB指数 335.50 + 3.18
---------------------------------------
 ニューヨーク金は急反発、銀は大幅続伸。終値の前日比は金の期近2限月が13.4
~13.6ドル高、中心限月の12月限は13.5ドル高、その他の限月は13.4~
15.7ドル高、銀の期近2限月は31.5セント高、その他の限月は31.5~3
2.1セント高。金12月限は、時間外取引では一本調子で上昇。宝飾業者による需要
拡大見通しやイランがウラン濃縮活動停止を拒否し続けていることにによる緊張の高ま
りによる原油高が強材料視された。ただし、序盤早々にこの日の高値を付けた後は買い
が続かず、レンジ内でもみ合いとなった。銀9月限は、金に追随。時間外取引では10
日以来の高値圏へと上昇したが、その後は積極的な買いが続かなかったが、大幅高の状
態は維持され、終値ベースでは約2週間ぶりの高値で引けた。
 金12月限は、時間外取引で原油高を背景に上昇し、620ドル台を回復した。前週
1週間間で20ドル以上下げ、売られ過ぎ感が台頭していたことや、原油高、さらにド
ルが対ユーロで弱含みで推移したことからおおむね右肩上がりの展開となった。前半で
630ドル台に乗せ、中盤で一段高となり、630ドル台半ばまで買われた。終盤から
引けにかけては前半から中盤にかけてのような上伸力はなかったものの、大幅高の状態
を維持した。この日は、原油、銀に加え銅が大幅高となったことも投機家の買いを刺激
したとの見方もあった。
 現物相場が600ドルに接近した時の実需に絡んだ買いが入るかが注目されたが、現
物相場が607ドル台で下げ止まった後、急反発。大台割れがなかったことで、600
ドル台前半では実需家から買いは根強い商状だった。
 ロンドン・ブリオン・マーケット・アソシエーション(LBMA)が発表したリース
レート(貸出金利)1カ月物は0.037%で、前営業日から0.024%低下した。
 ニューヨーク銀9月限は大幅高。18日に金安にもかかわらず、プラスサイドを維持
し、堅調ムードが強かったが、そのままその地合いを受け継いだ。
 引け後に発表された8月21日のコメックス指定倉庫在庫は、金が前日比1万607
5オンス減少の816万2946オンス、銀は32万3997オンス減少の1億
03505万5627オンス。
                          (OVN 東京/森 成俊)


閉じる
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skywalker74.blog58.fc2.com/tb.php/132-75604256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。