商品先物と外国為替証拠金取引で、副収入を稼ぎたい!

賢く投資♪ 商品先物取引とFXの情報サイト
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月21日(ブルームバーグ):イランは欧州連合(EU)主導でまとめたウラン濃縮プログラムの停止を求めた包括見返り案について、22日の正式回答で受け入れを拒否する方針を固めた。国営ファーズ・ニュースが21日、モハメド・サイディ原子力庁次官の発言として伝えた。

  これによると同次官は、「現在の状況下では、ウラン濃縮の停止は不可能だ」と述べた。

  同次官はまた、イラン政府の回答について、「非常に包括的なもので、また核問題を交渉で解決する適切な機会を西欧諸国に提供する」ことになると語ったという。

  国連安全保障理事会はイランに対し、今月31日までに包括見返り案を受け入れ、ウラン濃縮を停止するよう求めており、イランがこれを受け入れない場合には経済制裁を科すとしている。

  イランのアハマディネジャド大統領は、同国がこの提案に対し22日に詳細な回答を示すとしている。

  これに先立ち、国営のイラン学生通信(ISNA)は、イランの最高指導者ハメネイ師もこのウラン濃縮停止の可能性を否定し、イランは「核開発や他の問題について決意を固めており、神のご加護のもと、忍耐と力強さをもって自らの道を歩み続ける」と述べたと伝えた。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://skywalker74.blog58.fc2.com/tb.php/124-a7b6e680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。