商品先物と外国為替証拠金取引で、副収入を稼ぎたい!

賢く投資♪ 商品先物取引とFXの情報サイト
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近の投資状況。。。

今年の5月から、細々と再開しました。
とは言え、うん十万円も資金が作れないので、稼ぎながら行こうかと。。。。

投資対象は、FX,株式、商品先物です。

現在は、FXをメインで資金を動かしています。。。。


が、なかなか思うようにいきません。
苦戦中です。

FXでは、エントリーは比較的うまくいくのですが、利益確定のタイミングが下手で、利益を上げられずにいます。
書籍などを読みながら、試行錯誤です。

FXで、コンスタントに利益を積み上げられるようになれば、いいのですが。。。

少しずつ、状況をレポートしたいと思います。
スポンサーサイト
押し目買いとの見方

金は長期的には強いと見ている。

現物では650ドル近辺の上値が重い、600ドル付近での底堅さがある。このため、600ドルから650ドルのもみ合いとの見方


4月限の2330円で押し目買い。
利食いは2400円以上。損切りラインは2990円割れ。
8月21日(ブルームバーグ):ニューヨーク原油先物相場はアジア時間21 日の時間外取引で、続伸している。イランが国連から求められているウラン濃縮活動の停止を受け入れないことを表明し、世界4位の産油国であるイランからの原油供給についての懸念が広がっている。

  イラン外務省のアセフィ報道官は20日、国連安全保障理事会が決議したイランによる8月31日までのウラン濃縮活動停止受け入れは検討しないと述べた。安保理はイランが決議に従わない場合、経済制裁措置も考慮するとしている。

  CFCシーモア(香港)の主任投資ストラテジスト、ダリウス・コワルチック氏は、「イランがウラン濃縮計画の撤回を示唆しておらず、大きなリスク要因となっている。国連とイランが対立すれば原油供給が途絶える可能性もある」と述べた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物9月限は時間外電子取引で、一時44セント(0.6%)高の1バレル=71.58ドルとなった。シンガポール時間午前11時56分(日本時間午後零時56分)現在、71.49ドルで取引されている。原油相場は1年前に比べると9.2%高の水準。9月限の清算日は22日。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。